明日出来ることは今日するな。

2004-07

06 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 08

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・竜馬がゆく(笑)

2004-07-05 (Mon) 22:54[ 編集 ]
昨日と「ほぼ」同じタイトルで恐縮です(笑)。しかし、今日は週明けということもあって、昨日から100ページくらいしか進んでません。今日は本のことではなく、ちょっとした偶然の話を…。この土日、実家に住む弟は旅行に行っていた。あたしは事前にどこに旅行に行くのか聞いてなかったのだけれど、毎回どこかに行くとお土産を買ってきてくれるので楽しみにしていた(笑)。今朝、ちょうど和歩を送っていこうと玄関に出たところに父が病院へ行くついでに「これ」と言って、お土産のお菓子を入れたレジ袋持ってきてくれたので早速、中を見たのだけれど…「あっ!」と、思わず声を上げてしまった。…高知へ行ったらしい。そして、お土産のお菓子はその名も「龍馬がゆく」。ひぇーっ、ビックリ!。あたしは高知へ行ったことはなく、高知土産といって思い浮かべるものは特にない。食べ物だと皿鉢料理だったり、カツオのたたきをすぐに思い浮かべるんだけどね(笑)。だもんで、この「龍馬がゆく」が高知土産としてポピュラーなものなのかどうかもわからないんだけれど、あまりの偶然にうれしかったり、怖くなったり(笑)。モチロン、弟はあたしが今「竜馬…」を読んでることなんてまったく知らない。こういうことってあるのねぇ…。「血は水よりも濃い」っていうけど、さすが姉弟というべきか…なんとも血の不思議を感じた1日だった。余談ですが…、そのお菓子のパッケージには「文久二年三月二十四日脱藩の道を…(なんたら、かんたら)…」と書いてあるのだけれど、今まさにあたしが読もうとしているところだったりする。…なんかすごいよねぇ?(笑)。というわけで、ますます「頑張って読もう!」という気になったのであった。こういう偶然とか、目に見えない力にひっぱられて「頑張ろう!」と思うことって読書に限らずいろいろあるけど、そういうときはたいがい上手くいくんだよね。だから、きっとこの本も「読んでよかった!」って思えるんだろうな。先はまだまだ長いけど、読み進めるのが楽しみ、楽しみ♪。で、肝心の(?)お菓子だけれど、これがまた美味しいのよ~。ダイエット中なのでまだ1個しか食べてないんだけど、子供たちに食べつくされないようにあと2個は確保しておこうっと(爆)。
スポンサーサイト

竜馬がゆく

2004-07-04 (Sun) 22:53[ 編集 ]
今日もじめじめと暑い1日でございました。遠い台風の影響で風はあったものの、その風が部屋の中に入ってこないかぎりは部屋の中はただの蒸し風呂…。電気代、本当に恐ろしいです…。 昨夜はウィンブルドンテニスを途中から見て17才、シャラポワのプレーとスタイルと顔の良さに驚愕、ため息。天は二物も三物も与えるらしい…。その昔…グラフがウィンブルドンで初優勝したときもかなり衝撃を受けたけど、今回もそれに近い衝撃だった。…杉山愛が準々決勝で負けたのも仕方ないよね。勢いがあったもの。…で、テニスのあとはいつもより1時間遅れで「冬ソナ」を観た。今回も何かと笑わせてもらった。純愛ドラマのはずなのに笑っちゃうあたり、あたしは相当性格が悪いらしい…(笑)。まぁ、見方は間違ってるかもしれないけど、視聴率UPには貢献してるので許して~!。そんなわけで昨夜は「冬ソナ」を見終わったのは日付が変わって1時過ぎ。それから日記を書いたり、BBSのレスをしたり…で、布団に入ったのは2時すぎ。にも関わらず、今朝は実佳に5時ごろから騒がれて6時には起こされてしまった。とほほ。子どもには土日は関係ないのね…。 先日来、ペースはゆっくりではあるけれど「竜馬がゆく」を読んでいる。やっと1巻を読了し、今2巻のちょうど半分あたりを読んでいるところ。…とはいえ、全8巻なので先はとーーーっても長い。ただし、昨日今日の2日で1巻の残り100ページから2巻の半分まで読んでるということは、かなりペースが上がってきたということ。この調子だと今月中にはなんとか全巻制覇!も、夢ではないな…なんて思ったりして。というか、最初はやはり時代物ということもあって、ちょっとな…なんて、思ってたのだけれど、ここにきてぐっと引き込まれてきた。司馬さんの本は「最後の将軍」「燃えよ剣」に続いて3作目なのだけれど、この前2作より、「竜馬…」はずっと読みやすいのだ。話的には「燃えよ剣」は好きだったけれど、読みにくさは最後まで付きまとっていた。ところがこの「竜馬…」は坂本竜馬自身の人柄や司馬さんの竜馬に対する思い入れの深さもあるのだろうけど、ものすごく描写が活き活きしてて面白い。なので、読みにくさというものが感じられないのだ。1巻読了したらご褒美とちょっと休憩を兼ねてマンガを読もうと思ってたのだけれど、とんでもない。しばらく…疲れるまで「竜馬…」も没頭します。でもなぁ…今日の新聞広告に出てた麻生幾氏の「CO ケース・オフィサー」も気になってたりする。ハードカバーで上下巻なので買うのは迷うところではあるけど。以前読んだ「宣戦布告」が面白かったこともあって、気になる作家さんの一人なのよね。福井さんもそうだけど、こういうハードなモノが好き。芥川賞より直木賞。要するにエンタメが好き。…純愛系「冬ソナ」にハマれないわけだ(苦笑)。あ、でも芥川賞の「蛇ピア」は結構好きだ(笑)。…偏ってますかね?(爆)。

 | HOME | 

  • moco
    好きなもの、好きなこと、読んだ本のことなど、つれづれに綴っております。詳しいプロフはココ

  • 福井晴敏ピープル



  • デザートピープル



  • おっ!本♪ピープル

RSS 1.0
HTML 4.01
RSS FEED
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。