明日出来ることは今日するな。

2006-02

01 « 12345678910111213141516171819202122232425262728 » 03

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吸入器 (BlogPet)

2006-02-26 (Sun) 09:13[ 編集 ]
今日、mocoが
夫が「高いのを買ってきたんだからありがたく食え!」と口には出さないまでもタイプがアリアリだったので、ありがたく頂戴しましたが、ノーマルタイプでもよかったのにな…
って言ってたけど…

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぴょんぴょん」が書きました。
スポンサーサイト

リバーシブルデニムのズボン (BlogPet)

2006-02-19 (Sun) 09:09[ 編集 ]
きょうは、尻みたいな意識されたみたい…
ところがmocoとロールされたみたい…


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぴょんぴょん」が書きました。

ミュンヘン

2006-02-14 (Tue) 11:53[ 編集 ]
<ミュンヘン>

1972年、西ドイツ・ミュンヘンでオリンピック開催中、パレスチナゲリラ”ブラック・セプテンバー”によるイスラエル選手団襲撃事件が発生。西ドイツ当局による極秘作戦が失敗し、人質となった選手ら全員が命を落とす。このことに激怒したイスラエル側はモサド(イスラエル秘密諜報機関)による報復を計画。その実行リーダーに指名されたアヴナーは出産間近の妻を愛する祖国に残し、計画を遂行していく。しかし正気と狂気の間で彼が見たものとは…。

重い…おも~い映画でした。胸や腹に鉛を詰め込まれたような気分になる。ユダヤの人たちは人類の歴史の中でとてつもなく長い時間、冷遇され続けてきてやっと安住の地を自分たちでもぎとったらもぎとったで、もぎとられたアラブの人たちの怒りを買い…ドロドロの宗教・民族戦争を引き起こしてしまう。だからといってユダヤ人が悪いわけではない。ただ、テロに対する報復、その報復に対する報復、そのまた…と、一度流された血は血で流すしかない…という終わりの無い連鎖は一体どこまで長く伸びていくのだろう。そんな無力な思いが襲ってくる。

続きを読む »

ほぼ日カレンダー (BlogPet) (BlogPet)

2006-02-12 (Sun) 09:11[ 編集 ]
ぴょんぴょんが、まなざしとかをブログペットしたかった
今日は、BlogPet(ブログペット)の「女性」
ゆえのゴムさや悲しみとかをブログペットしなかった
っていってたの女性に対する優しいまなざしを感じさせてもらった
っていっていて
今日は、ネットで大きいまなざしとかあふれていて
今日全編などをブログペットしなかったよ
だよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぴょんぴょん」が書きました。

塗仏の宴

2006-02-10 (Fri) 15:03[ 編集 ]
文庫版 塗仏の宴―宴の支度
京極 夏彦
4062738384
文庫版 塗仏の宴―宴の始末
京極 夏彦
4062738597


小説家、関口のもとに「伊豆韮山山中のある集落が忽然と姿を消したという噂について取材してほしい」という依頼があった。韮山へ向かった関口は道中「世の中には不思議でないものなどない」という男に出会い、異界へといざなわれてしまう。その頃、新興宗教や催眠術、自己啓発セミナーなど6つ胡乱な集団が世の中を騒がせていた…<宴の支度>。
「壊れてしまった」関口、右往左往する他の登場人物たちに対し、京極堂は動こうとしない。誰が京極堂を呪縛するのか、それを解くのは誰か…。そして「くんほう様」とは…。<宴の始末>。
…1冊でも十分分厚い作品がなんと今回は「上下巻」!。しかも今回は京極堂自身の事件であるにも関わらず、なかなか動かないので一体どうなるのかとハラハラ。
妖怪というのは「人の世界」にこそ存在するものなのだ…ということを今回改めて思い知らされる。人のいない世界には妖怪なんて存在しないのだ。それほど人と妖怪は密接に関わっているにも関わらず、妖怪は決して人を干渉しない。そうかと思えば妖怪そのものになってしまう人もいる。今回はその人物がチラリと姿を見せている。今後、その人物が京極堂を苦しめていくのだろう…。★★★★。
詳しい感想は本館にて



福砂屋 特製五三焼カステラ

2006-02-07 (Tue) 09:00[ 編集 ]
 
福砂屋 特製五三焼カステラ

夫が出張先から買ってきたお土産です。
見た目、普通のカステラとどう違うの?!…という感じではありますが、写真を見てもおわかりのようにおなじみの黄色い箱ではなく、ちょっと高級そうな箱に入ってます。ま、お値段も高級なのだけれど…。
正直、食べ比べてみなければノーマルタイプのものとどう違うのかはっきりとはわからないのだけれど、よりしっとりとした食感かな?…という感じ。説明によると砂糖、卵、ざらめがノーマルタイプのものよりも多く、逆に粉を少なめにしてるらしく、だからしっとりしてるんでしょうね。
夫が「高いのを買ってきたんだからありがたく食え!」と口には出さないまでも態度がアリアリだったので、ありがたく頂戴しましたが、ノーマルタイプでもよかったのにな…などと思ってしまった。でも美味しかったですよ。けれど、やっぱり食べ比べした上で感想を書きたかった…単にもっと食べたかった…というのが正直な気持ちです(笑)。

吸入器

2006-02-06 (Mon) 05:56[ 編集 ]
◆送料・振込手数料無料◆National 吸入器EW6400-W(ホワイト)
ただいま、鼻かぜの真っ最中。だからというわけではなく、我が家はもともと「加湿器」を検討していたのですが、空気は乾燥しているにも関わらず結露に悩まされているのでこれ以上、部屋の湿気を増やすことはないだろう…と、ピンポイント(?)で使える吸入器を買うことに。
「鼻づまりモード」があるということで他に比較検討することなく、コレにしました。あったかいスチームが鼻とノドに気持ちいい~♪。花粉の季節間近…ということで花粉症の方、いかがですか?。

恥ずかしながら (BlogPet)

2006-02-05 (Sun) 09:21[ 編集 ]
きょうはmocoの自分も提出された!


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぴょんぴょん」が書きました。

リバーシブルデニムのズボン

2006-02-02 (Thu) 22:49[ 編集 ]


やっと息子のズボンを作りました。娘や私自身のものばかり縫ってたので息子に「早くボクにも作ってよ」と言われていたのです。…ところが、昨日本館の日記にも書きましたが、実はこのズボン、お尻のポケットやロールアップで裏になってる部分の柄に小さいけれど「赤いハート」が入ってるんです。本当に小さいので近づいて意識して見ない限りはわからないんですけどね。昨日は布を見せて「うーん…」と言っていた息子。果たして喜んでくれるのかどうか…

続きを読む »

2フェイスショルダーバッグ(スモール)

2006-02-01 (Wed) 00:30[ 編集 ]



夫がいないのをいいことに(理由は本館の日記参照)、こんな真夜中までミシンを踏みふみ。できあがったのが↑(サムネイルになってるのでクリックするとでっかい写真が出ます)。腕がイマイチで「うむむ」という感じなのですが、元々は「パターンレーベル」さんという型紙のショップで一目ぼれしてパターンを買ったほど、かわいいバッグなのです。ところが…

続きを読む »

 | HOME | 

  • moco
    好きなもの、好きなこと、読んだ本のことなど、つれづれに綴っております。詳しいプロフはココ

  • 福井晴敏ピープル



  • デザートピープル



  • おっ!本♪ピープル

RSS 1.0
HTML 4.01
RSS FEED
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。