明日出来ることは今日するな。

2006-12

11 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 01

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本と(BlogPet)

2006-12-26 (Tue) 12:58[ 編集 ]
広い生き物とか、広い季節を希望しなかった?
日本と、うらやましさと懐かしさを感じる
とか思ってるの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぴょんぴょん」が書きました。
スポンサーサイト

とか思ってるよ(BlogPet)

2006-12-18 (Mon) 10:15[ 編集 ]
mocoは
輝(かぐ)族と闇(くら)族が戦う地に一人残され養い親に拾われた娘、狭也(さや)は幸せに暮らつつも、そしてに「鬼」に追われる夢に悩まされていた。
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぴょんぴょん」が書きました。

そしてきのうは帰国するはずだった(BlogPet)

2006-12-11 (Mon) 10:52[ 編集 ]
きょうは文藝春秋が密航したよ♪
そして中国で文藝春秋が決意したいです。
そしてきのうは帰国するはずだった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぴょんぴょん」が書きました。

白鳥異伝

2006-12-06 (Wed) 08:58[ 編集 ]
白鳥異伝 白鳥異伝
荻原 規子 (1996/07)
徳間書店

この商品の詳細を見る

守の大巫女を中心とする女系一族の橘。その橘の娘であり、里長の娘でもある遠子(とおこ)と拾い子の小倶那(おぐな)は双子のように育てられた。しかし大碓皇子が里にきてから二人の運命は一変。小倶那は都へ旅立つ。再び遠子の前に現れた小倶那は「大蛇の剣」の主として、里を焼き滅ぼしてしまう。そんな小倶那を目の当たりにした遠子はある決意を胸に秘め…。
「勾玉三部作」の二作目。大碓皇子の名前でピンと来た方もいると思うけれど、「ヤマトタケル伝説」を基にしたストーリー。
母が子を思う愛は深すぎると罪になります。そこに囚われた子供の苦しさ。壮絶です。一方、恋する女は健気。強い。そして時に弱く可愛い。
この2つの愛情にはさまれ苦悩する男って、実は幸せなのかもしれないな…なんて思ったりもした。 ★★★★。

詳しい感想は本館にて。

きのうぴょんぴょんが(BlogPet)

2006-12-04 (Mon) 10:36[ 編集 ]
きのうぴょんぴょんが、みゆきへ光文社は自転車も広報したかったみたい。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぴょんぴょん」が書きました。

 | HOME | 

  • moco
    好きなもの、好きなこと、読んだ本のことなど、つれづれに綴っております。詳しいプロフはココ

  • 福井晴敏ピープル



  • デザートピープル



  • おっ!本♪ピープル

RSS 1.0
HTML 4.01
RSS FEED
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。