明日出来ることは今日するな。

2017-10

09 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 11

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハプスブルクの宝剣

2005-01-10 (Mon) 07:04[ 編集 ]

ハプスブルクの宝剣〈上〉 ハプスブルクの宝剣〈下〉 <ハプスブルクの宝剣> 藤本ひとみ ユダヤ人の青年、エリヤーフーは閉鎖的なユダヤの世界に馴染めず、自らの片目とユダヤを捨て、「エドゥアルト」と名を変え、自らの野心と友情のために18世紀、戦乱のヨーロッパを駆け抜ける…。 読み応えありました。エドゥアルト…知謀に長け、語学能力にもすぐれ、隻眼とはいえルックスもよく、人としては非の打ち所がない…はずなのに、ユダヤ人ということだけで、さまざまな屈辱を味わわせられる。そこから這い上がっていく姿に応援したくなる。 それにしても、ユダヤ教とキリスト教、なぜにそんなに反目しあわなくてはならないのか…。いまだにパレスチナを中心とした戦乱が絶えないのはユダヤやアラブの人々はもちろん、全人類にとっても不幸なことだということをもっと認識しなくてはいけないのではないだろうか?。 ★★★★ 詳しい感想は本館にて。
スポンサーサイト
    

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mocopyon.blog20.fc2.com/tb.php/106-e236f75a

 | HOME | 

  • moco
    好きなもの、好きなこと、読んだ本のことなど、つれづれに綴っております。詳しいプロフはココ

  • 福井晴敏ピープル



  • デザートピープル



  • おっ!本♪ピープル

RSS 1.0
HTML 4.01
RSS FEED
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。