明日出来ることは今日するな。

2017-06

05 « 123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 07

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名探偵の掟

2005-01-21 (Fri) 16:19[ 編集 ]

名探偵の掟
<名探偵の掟> 東野圭吾 自称名探偵・天下一大五郎と警視庁警部・大河原番三はとある作家の「天下一シリーズ」の主役と脇役だ。今日もあちらこちらでお決まりの事件が起き、お決まりのパターンで解決していく。しかし、実は二人ともこのパターンにうんざり。出ている自分達の身にもなってくれ!…というミステリーが十二編収められている短編集。 これは常識破りというか、こんなことを書かれた日にゃ、他の作家さんはこのパターンで小説が書けなくなってしまうんじゃなかろうか。確かに密室殺人や完璧なアリバイなんていっても、絶対どこかに綻びがあるはずだし、そうじゃないとミステリー小説なんぞ成立しない。それにまんまと騙される読者…わたし…。この作品は書く側、読む側に「成長しなさいよ」という、東野さんの皮肉と本音が込められているのだろう。★★★ 詳しい感想は本館にて
スポンサーサイト
    

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mocopyon.blog20.fc2.com/tb.php/111-9f27ae4b

今日のおすすめ!

早速先日読んだ小説の紹介です。先日社長が来たときに本の話になり東野圭吾いいよと聞きこれを読みました。出張の新幹線の往復で呼んだのですが感動して本で初めて泣いてしまいました。兄弟の話ですがお兄さんが刑務所に入ってしまいストーリーが展開していきます

 | HOME | 

  • moco
    好きなもの、好きなこと、読んだ本のことなど、つれづれに綴っております。詳しいプロフはココ

  • 福井晴敏ピープル



  • デザートピープル



  • おっ!本♪ピープル

RSS 1.0
HTML 4.01
RSS FEED
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。