明日出来ることは今日するな。

2017-08

07 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 09

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半夏生(東京湾臨海署安積班)

2005-04-09 (Sat) 11:36[ 編集 ]

半夏生 <半夏生(東京湾臨海署安積班)> 今野 敏 人工の街、東京お台場で外国人の男が倒れ、白バイ隊員が発見。東京湾臨海署刑事課強行班係・安積班の黒木と須田が現場へ向かった。しかし男は原因不明のまま病院で死亡する。しかもアラブ系外国人だったためにバイオテロが疑われ、現場で男に接触した須田と黒木、白バイ隊員が病院へ隔離され、やがて黒木と白バイ隊員が発症する。安積は「バイオテロ」に釈然としない思いを持ちつつ、公安や内閣調査室とともに捜査に加わる。 すわっ、バイオテロか?!…と、緊張が走り手に汗を握りつつ読み進めていったのだが、事件の緊張感とは裏腹な政治家や官僚の融通の利かない捜査体制にイライラさせられる。そこへ行くと現場の刑事達は今、自分達が何をすべきか自身で考え、実行していく。まさに捜査のプロ。安積たちの地道な仕事ぶりが「彼らに任せておけば安心だ」と思わせ、またしみじみとした感動を与えてくれたのだった。★★★★。 詳しい感想は本館にて。
スポンサーサイト
    

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mocopyon.blog20.fc2.com/tb.php/141-ba58b94a

4月新刊情報!

本当に予定より大幅に遅れました。桜の開花並ですね(苦笑)今月もまずまずいい感じに刊行が続きます。◎単行本まず直木賞作家から。2年ぶりの刊行となる・金城一紀さん[:男:]、講談社角川書店から『レボリューションNO.3』タイトル同一だから続編かな?まさか再販じゃ

 | HOME | 

  • moco
    好きなもの、好きなこと、読んだ本のことなど、つれづれに綴っております。詳しいプロフはココ

  • 福井晴敏ピープル



  • デザートピープル



  • おっ!本♪ピープル

RSS 1.0
HTML 4.01
RSS FEED
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。