明日出来ることは今日するな。

2017-08

07 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 09

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国自衛隊1549

2005-05-28 (Sat) 07:49[ 編集 ]

オンライン書店ビーケーワン:戦国自衛隊1549 <戦国自衛隊1549> 福井晴敏 太陽の電磁波から情報や通信網をシールドする「アクエリアス計画」の実験中、的場一佐率いる陸上自衛隊第三特別混成団が武器・弾薬・車輌、そして米軍から預かった「厄介な荷物」と共に忽然と姿を消した…。6年後、的場の元部下・鹿島は「アクエリアス計画」の実質的責任者・神崎怜や「ロメオ隊」と共に、第三混成団の救出計画に参加する。向かう先は1549年、血で血を洗う戦国時代…。 福井さんにしては短い話で、あっという間に読める。それはおそらく半村良氏の「戦国自衛隊」という原案を元にしているために細かい説明は必要ないと判断したからだろう。だからこそ、原案を損なわないようにしながら自分のアイデアと融合させて書くのは「さぞ難しかっただろう」と想像できてしまう。 しかし、いつもより短いからと言って油断してはいけない。短い分「福井節」がぎゅーっと凝縮されて描かれている。生き方をみつけられず自堕落な日々を過ごしていた鹿島が的場を触媒に「自分達、そしてその先の人たちが生きる未来」のために歴史を守ろうと変わっていく様子や怜の寂しさ、「未来から逃げない」過去の人々の思いと共に、こういう生き方しか出来なかった的場の痛みもわかり、単なる「勧善懲悪」に終わらない深さがある。いつもは号泣させられる福井作品だけれど、今回は今までのほかの作品よりも娯楽性が高く、力を抜いてさわやかに読み終えることができる。「絵巻物」風の装丁と共にお楽しみください。★★★★。 詳しい感想は本館にて
スポンサーサイト
    

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mocopyon.blog20.fc2.com/tb.php/157-f34a754a

戦国自衛隊1549

戦国自衛隊1549福井 晴敏 寺田 克也 角川書店 2005-05-20売り上げランキング : 13,324Amazonで詳しく見る by G-Tools映画「戦国自衛隊1549」の原作です。公式サイトを見るとやはりスケールが大きそ

 | HOME | 

  • moco
    好きなもの、好きなこと、読んだ本のことなど、つれづれに綴っております。詳しいプロフはココ

  • 福井晴敏ピープル



  • デザートピープル



  • おっ!本♪ピープル

RSS 1.0
HTML 4.01
RSS FEED
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。