明日出来ることは今日するな。

2017-06

05 « 123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 07

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャーリーとチョコレート工場

2005-09-14 (Wed) 15:17[ 編集 ]
ふと思い立って「チャーリーとチョコレート工場」(←公式サイト)を見て来ました。

町外れの古い小さな家に家族7人で住む少年チャーリーは紆余曲折の末(ネタバレにつき省略・笑)、近くのチョコレート工場への招待状を手に入れた。招待されたのはチャーリーを含む5人の子どもとその家族。工場で待っていたのはオーナーのウィリー・ウォンカ。但し、このウォンカ、外見も性格もとても風変わり。そして工場の中はもっと変わっていた……。

一見、ファンタジーなんだけど、ところがどっこい、かなりブラック。だいたい招待された子供たちがいちばんはじめに見せられるアレ(笑)からして、毒がたっぷり。ディズニー好きな人が見ると卒倒するんじゃないか、ってくらい。ウォンカのチョコレートは甘いだけじゃないんだな…って、ことがこの時点ではっきりと示されてるのだ。 その後も次々と毒っ気たっぶりの出来事が起きるんだけど、子供が見たらただのユーモアにしか見えないだろうね。大人だからこそ…子を持つ親だからこそ、この毒はかなり堪えました(苦笑)。しかしまぁ、散々苦い思いをさせられたあとのラスト10分。この10分のためにあの毒の数々を見せ付けられたんだよなぁ。わかってても「やられた~」と、唸ってしまった。でもあたしはラストよりも工場に招待されたチャーリーが辞退しようとした、あのあたりでウルウル。最後まで見て、あそこにも繋がってるんだな…と、納得。いいこと言うぜ、じいちゃん!。だてに「4人で381歳」まで生きてるわけじゃないのよ。
それにしてもジョニー・デップ。特にファンというわけではないんだけど、素直に「すごいわ~」って言えてしまう。チャーリー役のフレディ・ハイモアくんもいいっ!。久々に劇場で洋画を見たけど(映画自体、福井三部作が久しぶりなもんで…苦笑)、あんまり深く考えず、目で見えるものだけでも充分楽しい映画だった。

さて、これを見てきたから…というわけではないんだけど、カテゴリーに「MOVIE」を作ってしまった…果たしてこの先、このカテゴリーを更新することが出来るのかどうかは定かではないけど(苦笑)。
スポンサーサイト
    

コメント

>bonちゃん

こんばんは。
「チャリチョコ」(笑)、観たんだね。
いや~、これはあんまり深く考えないで、観たまま観る(変な日本語・苦笑)方が、楽しくていいと思うよ。
わたしなんて本にしろ映画にしろ「感想を書く」のを前提にしてて、アラがあったらつっこんでやる!…なんて意地悪なこと思って観てるから、却って集中できない(笑)。
ウンパルンパはおもしろいよね。最初、気持ち悪かったんだけど慣れてくるものよね。
そうそう、いっぱいTBしてくれてありがとね。
連休明けにドッと「TB返し」しますので~。

mocoちゃん こんばんは。
ようやくレンタルで見たよ~。
でも、mocoちゃんみたいにしっかり見てないのよね。
mocoちゃんの感想見て、ちゃんと見ればよかったと反省。
だって小さいおっさんのイメージばかりで…
バカウケでした、ウンパルンパ。

>silverさん
はじめまして。ようこそいらしてくださいました。
コメント&TBありがとうございます。
あのじいちゃん、よかったですよね。普段は口が悪いのに、ちゃんと言うことは言う。年取ってるけど、かっこいいな…って、思いました。

TBさせていただきます。

はじめまして。私も、あの、チャーリーが、辞退しようとしたときの、じいちゃんの言葉に、感激しました。なので、TBさせていただきます。m(__)m!!

>りっちーさん
あのね、大人が見るとどうしてもブラックな方が気にかかってしまって、ちょっと痛い部分もあるんだけど、子供だとそういうところも、視覚的な部分も一緒に楽しめると思う。りっちーさんちの次男くんくらいの年になってたら、ブラックな部分もある程度はわかると思うし。
そうそう。東京のどこだったか忘れたけど、本編中にチョコの香りを流してくれる映画館があるんだよ。次男くん、そこへ行ったら帰りにはたんまりチョコを買い込んでくるかも~!(笑)。

>ねぇさま
うふふ~。おもしろかったよね!。
そうそう。ここにも日記にも敢えて書かなかったんだけど、お仕置きのところ3回目くらいで実は一瞬、気を失ったの…眠くて(爆)。ちょっと、クドイかなぁ…なんて。
でも、お子ちゃまたちが見ると純粋に楽しいだろうね。あたしでも充分楽しんだもん。
パイレーツオブカリビアンのジョニー・デップっていうと、本編を見てないあたしはどうしてもキムタクが真似してるのを思い浮かべちゃうんだよね~(笑)。見なきゃいけないな…と、思いつつレンタルしにいくのも面倒で。けど、いい役者さんだねぇ。あのキレ方(?)が出来る人って、そうはいないよね。

子どもにはどう?

うちの次男がコレを観にいくかどうか迷っていたんだけど、どう?
子どもが観ておもしろい?
予告編ではおもしろそうな感じがしたのと、
何よりうちの次男坊は甘いお菓子が大好きなので、
どうせ観るならこれがいいんじゃない?って言っちゃったんだけど。

mocoちゃん、おなよう~~♪
チョコレート工場、見に行ったのね~!!
面白かったね!
わたしはあの、子供のお仕置き!見たいなのが
4回も来るのが次第に飽きてきた部分はあったんだけど
これはもう一度見たら絶対に、もっと楽しめる映画だと思うのよね。
2回目はもっと細かいところも見て発見したりして楽しむ。
もちろん、2回目はレンタルになるけど!
わたしが行ったときは、若い目のお母さん?が幼稚園から小学低学年の子供を平均2人連れて来てる組みあわせが圧倒的に多かったよ!
ジョニデは女性に圧倒的に人気だけど、パイレーツオブカリビアンあたりから、子供にも人気上がってきたと思う。
良い役者さんだわー♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mocopyon.blog20.fc2.com/tb.php/224-7d95f052

チャーリーとチョコレート工場

”チャーリーとチョコレート工場”を見てきました。 単純に面白い! ディズニーランドのようなアトラクションに行ったようです

チャーリーとチョコレート工場

『チャーリーとチョコレート工場』を初日に見てきた。簡単にまとめると、チョコレートに入っているゴールデンチケットを当てた貧乏な少年、他4人がチョコレート工場見学に招待される。って話(省略し過ぎw でも誰もが予想し得る単純なストーリーである。 

チャーリーとチョコレート工場

チャーリーとチョコレート工場土曜日、公開の日に娘(小5)と見てきました。土曜と言うこともあり、吹き替えと言うこともあったと思うけど若いお母さんが幼い子供をふたりぐ

チャーリーと、チョコレート工場

タイトルチャーリーと、チョコレート工場見た日にち9月14日監督:テイム・バートン出演者:ジョニー・デイップ映画館  《ゴールデンチケットで、変わる、チャ

チャーリーとチョコレート工場

本作最大の面白さはバートンらしいブラック&シニカルなテイストだろう。子どもたちの

チャーリーとチョコレート工場

チャーリーとチョコレート工場「殺人の追憶」と一緒に借りてきました。返却期限が迫ってたので、慌ててみました。洗濯しながら。なので結構見てない場面もアリ。子供も見てたので吹き替えだったし、また今度機会があればゆっくり見よう。でも小さいおっさん(ウンパルンパ)

 | HOME | 

  • moco
    好きなもの、好きなこと、読んだ本のことなど、つれづれに綴っております。詳しいプロフはココ

  • 福井晴敏ピープル



  • デザートピープル



  • おっ!本♪ピープル

RSS 1.0
HTML 4.01
RSS FEED
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。