明日出来ることは今日するな。

2017-06

05 « 123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 07

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルリン飛行指令

2005-09-22 (Thu) 09:08[ 編集 ]
オンライン書店ビーケーワン:ベルリン飛行指令
<ベルリン飛行指令> 佐々木譲
第二次世界大戦直前、帝国海軍の最新鋭戦闘機の高性能に目をつけた同盟国ドイツから依頼を受け、二人の海軍パイロットに極秘指令が下される。「零式戦闘機…ゼロ戦にてベルリンへ向かえ」…。風雲急を告げる世界情勢の中、安藤大尉と乾空曹は空を翔ける。
もう、安藤大尉と乾空曹の二人がまさに「空の男」。生粋の「空の男」であったがために軍では厄介者として冷遇されていた二人が翼を取り戻したことで、息を吹き返す様子が見事に描かれている。中でも安藤大尉がいい男!。「蛮行よりも愚考を選ぶ」という言葉に飛行機乗りとして、また人間としてのプライドを感じ、深く胸を打たれた。
直接戦争の悲惨さとか残酷さを書いたものではないが、二人の「空の男」の活躍とともに、当時英国の植民地であったインド国内の地下活動は読み応えがあった。★★★★★。

詳しい感想は本館にて
スポンサーサイト
    

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mocopyon.blog20.fc2.com/tb.php/228-c4960952

戦争の影の中で光る男のロマン:ベルリン飛行指令

ベルリン飛行指令作者: 佐々木 譲出版社/メーカー: 集英社発売日: 1993/09メディア: - 佐々木譲の傑作冒険小説。 筆者にしては、珍しく北海道を舞台にしていないが、飛行士のロマンにあふれるすばらしい小説である。

 | HOME | 

  • moco
    好きなもの、好きなこと、読んだ本のことなど、つれづれに綴っております。詳しいプロフはココ

  • 福井晴敏ピープル



  • デザートピープル



  • おっ!本♪ピープル

RSS 1.0
HTML 4.01
RSS FEED
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。