明日出来ることは今日するな。

2017-08

07 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 09

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珍妃の井戸

2005-10-29 (Sat) 06:34[ 編集 ]
珍妃の井戸
珍妃の井戸 <浅田次郎>

蒼穹の昴」直後の清。義和団事件後、混乱する紫禁城。その奥深くにある井戸で皇帝の寵妃・珍妃が変死した。厳重な警備を施された紫禁城で一体何が起きたのか。英・独・露・日の4人の将校や貴族が関係者の証言をもとに事件の真相を調べていくが…。
なかなか本書の意図がわからず、関係者の証言が己の保身もあり、誰が真実を話しているのか4人の高官たちとともにわたし自身も混乱していた。しかし最後の最後にようやく「あっ」と言わされる。「蒼穹の昴」のような宮廷ロマン(?)を期待すると裏切られるけれど、日本人は読んだほうがいい。「仁の訓えに満ちた、世界で一番豊かな国」と美しい妃に敬意をはらって…。
「蒼穹の昴」の続編であって、続編ではない。けれど、おなじみの春児のその後の様子も窺えるので、「「蒼穹…」を未読の人は先に「蒼穹…」を読んでからこちらを読むことをオススメ。蘭琴の証言はきっと泣けるはず…。★★★★。

詳しい感想は本館にて。
スポンサーサイト
    

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mocopyon.blog20.fc2.com/tb.php/248-31ecb75b

 | HOME | 

  • moco
    好きなもの、好きなこと、読んだ本のことなど、つれづれに綴っております。詳しいプロフはココ

  • 福井晴敏ピープル



  • デザートピープル



  • おっ!本♪ピープル

RSS 1.0
HTML 4.01
RSS FEED
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。