明日出来ることは今日するな。

2017-06

05 « 123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 07

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄鼠の檻

2006-01-24 (Tue) 13:02[ 編集 ]
文庫版 鉄鼠の檻
京極 夏彦
4062732475


珍しく京極堂が本業で出かけるから一緒に来ないか…と、関口に声をかけ、それぞれの細君も同行し箱根へ。一方、箱根山中の古びた旅館の庭で久遠時病院の元院長・久遠時翁と古物商の今川、京極堂の妹で編集者の敦子、同じく編集者の鳥口が僧の死体を発見し…。全国の神社仏閣に精通する京極堂すら知らない謎の巨刹・明慧寺で何が起きているのか?。
禅寺の僧を相手にあの京極堂もかなりの苦戦を強いられる。そもそも、僧たちの話す言葉そのものがまさに「禅問答」なので、宗教に造詣の浅い登場人物や読者には何を言ってるのか理解不能。禅寺にかけられた「結界」はそこに居るものを捉えて離さない「檻」になり、読者もまたその虜になってしまう。
この作品だけでも充分面白いけれど、やはり「姑獲鳥の夏」を先に読んでおいたほうが楽しめます。★★★★。

詳しい感想は本館にて
スポンサーサイト
    

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mocopyon.blog20.fc2.com/tb.php/288-5cbfd8e1

 | HOME | 

  • moco
    好きなもの、好きなこと、読んだ本のことなど、つれづれに綴っております。詳しいプロフはココ

  • 福井晴敏ピープル



  • デザートピープル



  • おっ!本♪ピープル

RSS 1.0
HTML 4.01
RSS FEED
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。