明日出来ることは今日するな。

2017-08

07 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 09

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミュンヘン

2006-02-14 (Tue) 11:53[ 編集 ]
<ミュンヘン>

1972年、西ドイツ・ミュンヘンでオリンピック開催中、パレスチナゲリラ”ブラック・セプテンバー”によるイスラエル選手団襲撃事件が発生。西ドイツ当局による極秘作戦が失敗し、人質となった選手ら全員が命を落とす。このことに激怒したイスラエル側はモサド(イスラエル秘密諜報機関)による報復を計画。その実行リーダーに指名されたアヴナーは出産間近の妻を愛する祖国に残し、計画を遂行していく。しかし正気と狂気の間で彼が見たものとは…。

重い…おも~い映画でした。胸や腹に鉛を詰め込まれたような気分になる。ユダヤの人たちは人類の歴史の中でとてつもなく長い時間、冷遇され続けてきてやっと安住の地を自分たちでもぎとったらもぎとったで、もぎとられたアラブの人たちの怒りを買い…ドロドロの宗教・民族戦争を引き起こしてしまう。だからといってユダヤ人が悪いわけではない。ただ、テロに対する報復、その報復に対する報復、そのまた…と、一度流された血は血で流すしかない…という終わりの無い連鎖は一体どこまで長く伸びていくのだろう。そんな無力な思いが襲ってくる。

愛する祖国のため…と、引き受けた任務ではあったが、最終的に彼は祖国を捨てアメリカに渡る。「祖国に帰って来い」とわざわざアメリカまで出向いたモサドの執行官に首を振り「遠来の客だから…」ともてなそうとするが、執行官は背を向ける。…よくはわからないのだけれどユダヤ人やユダヤ教にとって「食事」は重要なもので(たびたび出てくる食事のシーンからも推察できる)、「遠来の客」は歓待する…という話を聞いたことがあるので、おそらくこのシーンはアヴナーはどこにいても「ユダヤ人」であろうとしているのに対し、執行官は祖国に戻ろうとしないアヴナーをもうユダヤ人であることを認めず、だとしたらこの二人はここで決定的な別れをしたことになる…と解釈しました。そしてその先に見えたのは………。
感想とストーリーがごっちゃになってますが、極力細かい描写は避けているつもりです。とにかく史実に基づいたリアルすぎる映画なので、観たあとにどういう感想を持つかはその人次第というところではないでしょうか。
スポンサーサイト
    

コメント

>ねぇさま

おぉ~、観たんだね!。
…でも、重いよねぇ…。しばらく、げんなりしてたもん。
宗教とか民族に関することって日本人にはピンと来ないんだよね。
なんでこんなに必死になるんだろう…って。
わたしもニュースなんかで聞きかじった程度のことしか知らないしさ。もう15年若ければ、勉強してみてもいいかな…って感じだけど、今はもう頭がついていかないよね(苦笑)。

見たよー…

mocoちゃんの感想と言うかあらすじを読んで初めてなるほどーと納得できることがいくつもあったよ。
最後の食事に誘う場面とか、ユダヤ人の歴史とか。
重さにつぶされてしまって、ちょっと訳がわからなかったわ。
頭が悪いんだけど。
TBさせていただきますが、出来ないかも~。最近ちっとも届かないことが多いのよね…。

ついでに言うとファントムは見たけど、どうもミュージカルってダメだね。(中にはすっごくハマるミュージカルもあるんだけどねぇ)特に「オペラ座の怪人」は歌が長すぎると思いました。眠くなってしまったよ。

ぴょんぴょんたちが、重い狂気などをセプテンバーしたい?


>shortねぇさま

こんにちは~。うひゃひゃ、ねぇさまにはあたしの好みがお見通しなのねん(笑)。
と、笑えない映画でございました。ほんと重たいよ~。ミュンヘンオリンピックといえば男子バレーが金メダル、ということを知ったのすらずいぶん後のことで、そのオリンピック開催中にテロがあったことなんて、あたしもまったく知らなかったのよ。
いまだに世界のあちらこちらでテロが起きてるけど、テロのあとには報復というもの変わってないな…と、なんとも暗く重たい気分になったよ。ぜひ、見てね。

やっぱり~♪

mocoちゃん、待ってましたよ♪
何を見てきたのかなー、と、ミュンヘンかなと、思っておりましたとも。
わたしも見たいんだもん。これ。
そうか、鉛を詰め込まれたように重いのね~~。雰囲気からしてそうであろうなぁとは思われてたけど。
でも、わたしが生まれてからのことなので、こんなことが実際にあったとは驚き。全然知らんかったものね。
実話系は好きなので、劇場にいけなくとも絶対に見るよ!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mocopyon.blog20.fc2.com/tb.php/300-804c398d

ミュンヘン

ミュンヘン スペシャル・エディショントニー・クシュナー エリック・ロス スティーブン・スピルバーグ 角川エンタテインメント 2006-08-18by G-Toolsあ~…重かった~。ぐったりです。冒頭の、口元を真横から銃

 | HOME | 

  • moco
    好きなもの、好きなこと、読んだ本のことなど、つれづれに綴っております。詳しいプロフはココ

  • 福井晴敏ピープル



  • デザートピープル



  • おっ!本♪ピープル

RSS 1.0
HTML 4.01
RSS FEED
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。