明日出来ることは今日するな。

2017-10

09 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 11

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

容疑者Xの献身

2006-04-17 (Mon) 05:57[ 編集 ]
容疑者Xの献身容疑者Xの献身
東野 圭吾

by G-Tools

天才的な数学者でありながら高校教師として勤務する石神の隣に住む母娘が犯した殺人。母娘を守るため石神は何をし、彼女たちをどう守るのか…。不器用すぎる男の愛の形に彼の友人であり、物理学者でもある湯川が真相に迫る。
ガリレオシリーズではあるけれど、既出のシリーズを読まなくても十分…というより、未読のほうが、イメージにとらわれず読める作品だと思う。
冒頭で母娘が真犯人であることが明らかになっているので、石神がどのように彼女たちの犯罪を隠蔽したのかというトリックと湯川との「友情」と「対決」が読ませどころ。
正直言って、石神にも母娘にもまったくといっていいほど共感は出来なかった。トリックも途中で「あれ?!」と、思ったことがあったし。なのであとは湯川がどう石神に迫るのか読みどころなのだが、淡々とした流れの中で消化不良になりかけていたラストのラストにやられた。日ごろクールで感情に流されることの無い湯川の最後のセリフで一気にガスが抜けた。このラスト数行のために作者はこの作品を書き、読者はここまでのページを読んでいたらしい。 ★★★★★。

詳しい感想は本館にて
スポンサーサイト
    

コメント

きのう、湯川までイメージされたみたい…

>ブラッドさん

こんにちは。こちらこそ、ご無沙汰してます。
「容疑者X」、やはりラストですよね~。わたし、この作品はガリレオシリーズを読まなくても十分読めると思いますが、このラストだけは普段のガリレオ先生を知ってる人のほうが、感動が大きいと思うんですよ。
石神は普段数字ばっかり見てるような人だからこそ、ちょっとしたことで恋に落ちてしまうのかな…と思いますね。でも、正直言って…気持ち悪い(笑)。

マクドナルドですか!。ひゃ~っ、わたしにはとても0円で売れるような笑顔は出来ませぬ~。いや、たとえ少々お金を出していただいても無理かと(苦笑)。笑顔向きの顔じゃないんですよ…って、どんな顔してるんだ?!、と思われるかもしれませんが、普段でも口は笑ってても目が笑ってないらしいです。ははは…。こんなんじゃ、マクドだけじゃなくサービス業はムリかしら?。

よかったですよね~。

mocoさん、こんにちは♪
ご無沙汰してます。
そうそう、ラストいいですよねー。
この作品は、軽いような物足りなさを感じるんですが、でもすごくバランスがとれているように思いました。
石神が好きになった女性も、そんなに魅力的というわけじゃないのですが、そこは「天才数学者」という、凡人とは違う感性をもった主人公ですから、目を見張るような行動にも妙な説得力がありました。
ガリレオシリーズじゃなくてもよかったような作品でしたね。

ところでmocoさん、1日2~3時間のバイトならマクドナルドはいかがですか?
私も今まで事務系の仕事だったのですが、思いのほか楽しいですよ。意外と動けるもんです。
マクドはスケジュールの無理強いはされないので、土日なども休めるし、子供が小さいうちはぴったりですよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mocopyon.blog20.fc2.com/tb.php/322-ca61c554

容疑者Xの献身 東野圭吾 ★★★★☆

別れたはずの夫・富樫から、つきまとわれていた靖子とその娘・美里は、弾みで富樫を殺してしまう。途方にくれているとき、隣室の数学教師・石神がやってきて、すべて自分に任せろという。娘を庇いたいばかりに彼に全てを委ねるが・・・探偵ガリレオシリーズ第3弾。直木賞、

容疑者Xの献身/東野圭吾

まず…湯川シリーズ最新作のようでしたがこのシリーズはたぶん読んでないので順番を誤った感が(-_-;)。数学以外なんの興味もない高校教師石神が密かに思いを寄せるアパートの隣人靖子。しつこく付きまとう別れた夫を殺害してしまった靖子を救うべく天才数学者の頭脳は巧妙な

容疑者Xの献身

容疑者Xの献身東野 圭吾 文藝春秋 2005-08-25by G-Tools「さまよう刃」に続いて読んだけど、一気読み!!あっという間に読み終えてしまった!!「天才ガリレオ」の湯川シリーズ。と言っ

東野圭吾【容疑者Xの献身】

表紙がいい。黒地に深紅のバラ一輪。シンプルで美しく、どこか哀しげな感じ。この小説の世界をうまく表現していると思う。本の帯に「命がけの純愛が生んだ犯罪」とあるが、「純愛」なんて手あかがついた言葉を安

容疑者Xの献身

容疑者Xの献身東野 圭吾 (2005/08/25)文藝春秋この商品の詳細を見る元ホステスで今は弁当店で働く花岡靖子は、中学生の娘と二人で暮らしていた。ある日別れた元夫にしつこく復縁を迫られ、殺してしまう。そこへ靖子に思いを

 | HOME | 

  • moco
    好きなもの、好きなこと、読んだ本のことなど、つれづれに綴っております。詳しいプロフはココ

  • 福井晴敏ピープル



  • デザートピープル



  • おっ!本♪ピープル

RSS 1.0
HTML 4.01
RSS FEED
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。