明日出来ることは今日するな。

2017-08

07 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 09

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーム・バチスタの栄光

2006-07-13 (Thu) 05:52[ 編集 ]
チーム・バチスタの栄光 チーム・バチスタの栄光
海堂 尊 (2006/01)
宝島社

この商品の詳細を見る

東城大学医学部付属病院の「チーム・バチスタ」とはバチスタ手術(左心室縮小形成術)を専門とし、成功率100%を誇っている。しかし立て続けに3例の術死が起き、海外から来た少年ゲリラ兵の手術を控え、マスコミの注目が高まる中、事態を憂慮した院長は「不定愁訴外来」の田口医師と厚生労働省・白鳥に調査を依頼する…。
専門用語やオペシーンが出てくるにも関わらず、テンポ良く読み進めることができて面白かった。その「面白い」要因はやはり白鳥だ。本省では「変わり者」「厄介者」にされていた白鳥だけど、本人に「変わり者」の自覚はまったくなく、とにかくマイペース。そして「タダの変わり者ではない」鋭さ。コンビを組まされた田口医師は振り回されながらも見事に「相棒」になりきっている。この二人のコンビもさることながら、目立たないけれど院長と不定愁訴外来の看護師・藤原さんもなかなかのコンビだ。しかし、やはりこんな「事件」があってはならない。★★★★。

詳しい感想は本館にて
スポンサーサイト
    

コメント

>ユミさん

こんにちは~。
結構、読みやすかったですね。医療モノはわたしも好きなので、もっと重厚なものでもよかったかな…と、思うけど、白鳥氏の性格では重厚にはなりませんよね(笑)。
不定愁訴外来…お世話になりたくないけど、田口先生と藤原さんならちゃんと愚痴を聞いてもらえそうなので、今すぐ行きたいかも(爆)。

mocoさん…ご無沙汰でーす。
海堂さんの文体に慣れるまでしばらく読みづらかったけど
慣れてしまえばあっという間!
田口先生…いい感じでしたね。
医療モノには惹かれちゃうんですよ…。
不定愁訴外来にお世話になるようなことにならぬよう
しっかり生きていかなければ!!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mocopyon.blog20.fc2.com/tb.php/348-39da99e1

チーム・バチスタの栄光/海堂尊

かいどう・たけるさんとお読みするんですね。「第4回このミステリーがすごい!」で大賞を受賞。デビュー作。本屋さんの平積みコーナーではひときわ目をひく黄色い装丁。東城大学付属病院心臓移植代替手術専門チーム「チーム・バチスタ」。100%近い成功率を誇るなか連続3

妄想キャスティング――海堂尊【チーム・バチスタの栄光】

第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作。応募時のタイトルは「チーム・バチスタの崩壊」で、大賞に決まって出版する際に「栄光」と変えたらしい。「崩壊」ではストレートすぎ。「栄光」のほうが皮肉めいた感

チーム・バチスタの栄光

チーム・バチスタの栄光海堂 尊 (2006/01)宝島社この商品の詳細を見る東城大学医学部附属病院ではアメリカ帰りの心臓外科医桐生によって編成されたバチスタ手術専門「チーム・バチスタ」が成功率60%といわれるバチスタ

 | HOME | 

  • moco
    好きなもの、好きなこと、読んだ本のことなど、つれづれに綴っております。詳しいプロフはココ

  • 福井晴敏ピープル



  • デザートピープル



  • おっ!本♪ピープル

RSS 1.0
HTML 4.01
RSS FEED
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。