明日出来ることは今日するな。

2017-08

07 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 09

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリー・ポッターと謎のプリンス

2006-07-15 (Sat) 06:20[ 編集 ]
ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6) ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻 上下巻2冊セット (6)
J. K. ローリング、J. K. Rowling 他 (2006/05/17)
静山社

この商品の詳細を見る

ぬぐいがたい悲しみを胸にまたホグワーツでの生活が始まった。ヴォルデモートとの闘いを運命と受け入れるハリーはダンブルドアの「個人授業」を受ける。そんな中、偶然手に入れた教科書に助けられ「魔法薬」の授業をうまく乗り切るハリー。そこには「半純潔のプリンス」と書かれていた…。
いよいよ最終章へ向けての扉が開いた。その扉の向こうには今まで以上に大きな悲しみと衝撃がハリーたちを待ち受けていた。ただ、ハリーたちも成長し、大人になった分、前回のような暴走はなし。全般的には落ち着いた展開だったように思う。一体、「彼」の真意はどこにあるのか…というところが、最終巻へ向けての大きなキーポイントになるんだろうけど、ここでは相変わらずの憎まれ役。「悪役冥利に尽きる」だろう。
大きな悲しみがあり、沈みがちなストーリーだけれど、その中で着実に成長したハリーやロン、ハーマイオニーにどこか安心感をおぼえる。まだひと波乱もふた波乱もあるだろうけれど、なんとか乗り切って「卒業」の日を迎えて欲しい。★★★★。

詳しい感想は本館にて。
スポンサーサイト
    

コメント

ぴょんぴょんはm

ぴょんぴょんはmocoが展開する?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mocopyon.blog20.fc2.com/tb.php/350-cbdf07b7

 | HOME | 

  • moco
    好きなもの、好きなこと、読んだ本のことなど、つれづれに綴っております。詳しいプロフはココ

  • 福井晴敏ピープル



  • デザートピープル



  • おっ!本♪ピープル

RSS 1.0
HTML 4.01
RSS FEED
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。