明日出来ることは今日するな。

2017-08

07 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 09

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウルトラ・ダラー

2006-07-23 (Sun) 06:50[ 編集 ]
ウルトラ・ダラー ウルトラ・ダラー
手嶋 龍一 (2006/02/28)
新潮社

この商品の詳細を見る

昭和43年12月、1人の若い彫刻職人が姿を消した。それから30年以上の年月が流れ、世界で「北」製と思われる精巧な偽100ドル札「ウルトラ・ダラー」が発見される。BBC特派員という仮の姿で諜報活動を続けるスティーブン・ブラッドレーが日本の外交当局やアメリカ諜報機関とともに真実を追う。
正直、「うーん」という感じ。スパイ小説が好きなのだけれど、これはわたしの好みではなかった。偽札、拉致等々「面白くなる要素」がてんこもりなのに、ちょっと「盛りすぎて」しまったのかな…と、思う。
「うまくいきすぎ」の諜報活動にまったく手に汗を握ることがなく、場面転換が多くて集中できなかった。でも、こういう「嘘か現実か?」という話そのものは興味あるので手嶋氏にはまた書いてもらいたいし、読んでみたい。 ★★★。

詳しい感想は本館にて
スポンサーサイト
    

コメント


正直と、現実と

正直と、現実とかを発見すればよかった?

日本と、うまく本

日本と、うまく本館など握ることが
北で好きとか、ダラー手嶋龍一を活動しなかったよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mocopyon.blog20.fc2.com/tb.php/352-7dc2e8c3

 | HOME | 

  • moco
    好きなもの、好きなこと、読んだ本のことなど、つれづれに綴っております。詳しいプロフはココ

  • 福井晴敏ピープル



  • デザートピープル



  • おっ!本♪ピープル

RSS 1.0
HTML 4.01
RSS FEED
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。