明日出来ることは今日するな。

2017-10

09 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 11

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クライマーズ・ハイ

2006-08-23 (Wed) 05:48[ 編集 ]
クライマーズ・ハイ クライマーズ・ハイ
横山 秀夫 (2006/06)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

1985年、8月。御巣鷹山に乗員乗客500人余りを乗せた航空機が墜落。地方新聞の記者、悠木は世界史上最悪の航空機事故の「全権デスク」を任される。「組織」の圧力、家族との葛藤…それらの重圧と戦いながら悠木がたどりついた「新聞」「報道」とは…。
横山さんだし、「日航機墜落事故」を現役新聞記者として関わったご本人が書かれたものなら間違いはないだろう…と、期待して読んだ。
「地方新聞社」という組織のあり方や紙面づくりなどはリアリティがあり、事故報道に対する息詰まるほどの熱気や思いは伝わってきたのだが、どこか散漫な印象。今まで読んだ短編集ほどの密度の濃さは感じられなかった。それでも横山氏の「力技」で最後まで読ませるあたりは「さすが」。 ★★★★。

詳しい感想は本館にて。
スポンサーサイト
    

コメント

>よしさん

こんばんは。
わたし、これが横山さんの初長編だったんですが、「あれ?」という感じでした。短編のほうが密度が濃いのかな…。でもまた長編もチャレンジしたいと思います。よしさんのおすすめを教えてくださいね。

こんばんは。
そうそう、確かに短編の味わいとは少し違った気がしますね。
力技もなるほどと思います。
しかし、この力量は…。こういう作品が書ける作家だから、目が離せません。
新作まだかなー。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mocopyon.blog20.fc2.com/tb.php/364-7579b524

『クライマーズ・ハイ』横山秀夫

クライマーズ・ハイ横山 秀夫文藝春秋2003-08-21売り上げランキング 3,609Amazonで詳しく見るby G-Toolsおすすめ度 他にも紹介しています『 book 』マイショップを見る

クライマーズ・ハイ 横山秀夫

広島出身のイラストレーター、松尾たいこさんの特番がこちらの方で、30日ある模様です。その番宣で見かけたのがこの「クライマーズ・ハイ」のカバー。この方のデザインだったのですね。独特の色使いと鮮やかさにすっかり魅かれてしまいました。この方、これ以外にも様々な

 | HOME | 

  • moco
    好きなもの、好きなこと、読んだ本のことなど、つれづれに綴っております。詳しいプロフはココ

  • 福井晴敏ピープル



  • デザートピープル



  • おっ!本♪ピープル

RSS 1.0
HTML 4.01
RSS FEED
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。