明日出来ることは今日するな。

2017-08

07 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 09

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

邪魅の雫

2006-10-31 (Tue) 10:43[ 編集 ]
邪魅の雫 邪魅の雫
京極 夏彦 (2006/09/27)
講談社

この商品の詳細を見る

昭和二十八年夏。江戸川、大磯、平塚と連鎖するかのように次々に毒殺死体が発見される。所轄勤務となった青木は事件に不可解なものを感じ、木場に相談する。一方、探偵助手の益田は榎木津の従兄から榎木津の縁談が次々に破談になる理由を調べて欲しいと依頼され…。
一言で言うなら、混沌。一見繋がっているようで実は何も繋がっていない。けれど、そこには本人も意識しない悪意が連鎖している。最後の一線を越えるか、踏みとどまるかはきっかけとアイテム(雫)が揃っているか、否か…。
いつもとは趣が異なる。憑き物落としも京極堂は導くだけで最終的には榎木津が落としたし…。落とす方も落とされるほうも残酷ではあったが。にも関わらず、榎木津登場シーンは限りなく少ない。しかも暴れない。この暴れない榎木津に少なからずショックを受けた。日ごろ、自らを神と言ってはばからない彼が人間として放った一言に重みを感じた。
そして…関口、京極堂、榎木津の3人の友情に感動した。 ★★★★。

詳しい感想は本館にて。
スポンサーサイト
    

コメント

詳しい不可解とか

詳しい不可解とかするか
ぴょんぴょんが、混沌など繋がっているようで
榎で少なからず木場とか少なからず
江戸川で友情とか最終とか江戸川など

詳しい
ぴょんぴょんは、大きい死体や、従兄などを依頼しなかったよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mocopyon.blog20.fc2.com/tb.php/401-b43c4f63

 | HOME | 

  • moco
    好きなもの、好きなこと、読んだ本のことなど、つれづれに綴っております。詳しいプロフはココ

  • 福井晴敏ピープル



  • デザートピープル



  • おっ!本♪ピープル

RSS 1.0
HTML 4.01
RSS FEED
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。