明日出来ることは今日するな。

2017-10

09 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 11

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火の粉

2004-10-22 (Fri) 13:50[ 編集 ]
火の粉
雫井 脩介

発売日 2004/08
売り上げランキング 2,729

Amazonで詳しく見る434440551X
元裁判官、梶間勲は2年前、ある事件の裁判で無罪判決を下した。退官後に建てた家の隣にその裁判の被告人、武内が越してきた。武内は善良そうな笑顔と親切で梶間家に入り込むが、不審な出来事が起こり始め、いち早く異変を嗅ぎ取った勲の息子の嫁、雪見は武内を怪しむ…。 本のカバーには「犯罪小説」と書かれているが、サイコサスペンスといっていいと思う。雪見と共に心理的にジワジワと追い詰められていくところが、コワ面白く感じられる。また伏線となる介護問題や育児の難しさなど、男性に正当に評価されない女性の家事に対する作者の公平な目や優しさを感じる作品だった。★★★★ 詳しい感想は本館にて
スポンサーサイト
    

コメント

keiさん、こんばんは。
へぇ…「不法侵入」か。観たことないけど、同じような感じなのね。
普段は普通のミステリーを読むことのほうが多いけど、
面白いと感じるのはこういうサイコ系の方が多いわ。
「タダほど高いものはない」っていうから、親切にも疑心暗鬼になっちゃうね(笑)。

同感!サイコだよね。
『不法侵入』っていう映画観たことある?
カート・ラッセルとレイ・リオッタが出てたんだけど。
あれを思い出したわ。
大好きなジャンルだわ~。
隣人にこれだけ親切にされると、怪しんじゃうよね。
ひねくれてるかしらね(苦笑。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mocopyon.blog20.fc2.com/tb.php/66-d11566bb

11月新刊情報!

今日で10月も終わり。今年もあと2ヶ月を残すのみとなりました。来月(11月)の新刊もかなり豪華メンバーが揃っている!まず直木賞作家からご案内。まず超寡作なあの人が帰ってくる沢崎刑事シリーズの原?さん[:男:]の★『愚か者死すべし』が早川書房から。約9年振りにな

 | HOME | 

  • moco
    好きなもの、好きなこと、読んだ本のことなど、つれづれに綴っております。詳しいプロフはココ

  • 福井晴敏ピープル



  • デザートピープル



  • おっ!本♪ピープル

RSS 1.0
HTML 4.01
RSS FEED
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。